MEMBER
社員紹介
採用HOME > 社員紹介 > 八尾哲
INTERVIEW
八尾哲/インタビュー
なぜG-FACへの入社を決意しましたか?
就活時は、大手企業に入り、下積みをしっかりと重ねていく環境よりも、
ベンチャー気質な会社にて、自己裁量で仕事をしたい!という思いがありました。
そこで、大手は検討せずベンチャーのみに絞り就職活動をしておりました。
軸としては、物売りはではなく無形商材、その中でも自分の考えも生かされるような商品を扱いたいとの考えから、コンサルティングに目線を向けるように。しかし、コンサルティングは意味合いは幅広く、自身でもまとまりがつきませんでした。そこで「身近なもの×コンサルティング」という軸で考えるようになりました。すると一番身近な飲食店が浮かび、当社を知るきっかけとなりました。
説明会、面接を経ていく中で業務内容や先輩社員を知り、自分にフィットとしていると感じたことが入社の決め手となりました。
現在、任されている業務内容
について教えてください。
飲食店を経営されているお客様に対して、出店および撤退、FC展開のサポートや出店時のリースを活用した内装設備の導入をメインに行っています。
店舗運営・店舗展開において、様々なことが密接に関係しており複合的にご案内しております。中でも出店意欲のある企業様に対しては、未公開物件の調達を切り口に収益物件の紹介やスクラップアンドビルドの提案などを中心に行っております。
また、社内においては課をまとめ円滑な営業ができるような環境や仕組み作りに挑戦しております。
この仕事のやり甲斐について
教えて下さい。
商材が無形であり、組み合わせ方や考え方次第で提案の幅が増えることです。
単調に決まったものを売り歩くのではなく、問題に対する解決策をまずは自分で考え検証する。それが有益なものであれば提案する。
もちろん跳ね返るときもありますが、考える事とそれを提案・実行する事、そして何よりその提案がハマった時はやりがいを感じます。
今後、G-FACで実現したい
夢は何ですか?
会社運営・組織作りや戦略決定などを行っていきたいと考えています。
その上で、「出店・退店・資金調達方法・海外展開…とりあえずG-FACTORYに相談しよう」という会社を創りたいです。また、当社は私が入社したころのベンチャー色も濃く残っているため、何事もスピード感をもって取り組んでいます。日々の業務や様々な失敗はありますが、目標に向けて進んでおります。
これから就職活動へ向かうみなさんへメッセージを。
おつかれさまです。「何がやりたいか」は何もやっていなければ見えません。これは間違いないです。
そして、専門性がない限り何をやっても基本的に同じだと思います。
ですので、業務内容などで仕事を選ぶのはあまりおすすめしません。ただ、軸は必ず必要です。
仕事に対する価値観をどこに置いているか?です。様々あると思いますが、それをすり合わせすればいいと思います。
本気で悩んで考えて出した答えなら、どんなに回り道に見えても結果的に近道です。
ただ、それで人生のすべてが決まるわけではないというのも本音。
そして内定の数で一喜一憂しないように!!笑
MEMBER
G-FACTORYの社員