仲間の紹介

なぜG-FACへの入社を決意しましたか?

会社選び、仕事選びの軸がいくつかありました。中でも、何かを売り歩くような仕事ではなくサービスや情報を提案する仕事をしたいと考えており、併せて大手企業よりもベンチャー企業で働きたいという点で非常にマッチしました。
また、自発的に動くことを求められ、結果を出せば対価を得られる「サラリーマンではなくビジネスマン」といった働き方ができる点もこの会社を選んだ決め手です。
その分大変なこともありますが、辛いことの中に成長があるという私の考え方にあっているのも魅力のひとつです。

現在、任されている業務内容について教えてください。

私が今現在している仕事は飲食店の総合コンサルティングです。分かりやすく言うと飲食店の出店や撤退に携わる仕事です。出店や撤退などを考えているお客様がいる中で、そこには多種多様な悩みが存在しそれを解決することが私の仕事です。
具体的に業務内容でいうと大きく分けて2つです。ひとつは出店するにあたっての店舗開発の代行。店舗展開を考える方への出店計画の提案や物件情報の提供などがそれにあたります。
顧客のニーズを把握しそれに対して提案を行なっています。
またもう一つ、提案する物件情報の取得なども大切な仕事です。既存のお客様や、物件を管理しているオーナー、内装業者や税理士など、やり方は自由で顧客へ提供する為の価値ある情報の取得に努めています。

仕事をしている中で心に残った出来事を教えてください。

お客様に「気に入った!」とおっしゃっていただけた事です。
ある飲食店オーナーから物件調達の依頼を受け、管理会社等にあたり物件を求め、いくつも提案を重ねました。中々決定に至らず、決め兼ねていらっしゃったところにドンピシャの物件がきました。
話はトントン拍子に進んで行く中で、契約間近になった時、先方より「条件面で相談したい」との申入れがありました。通常ここまで来て要望に答えるのは難し い状況でしたが上司に相談し、代替案の提案をしました。まだ事例のない、斬新な提案内容だったので、受け入れられるか心配でしたがそこで先方から出た言葉が「気に入った!」でした。
この出来事は非常に心に残っており、営業において「絵」を書くことの重要性を学びました。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

人数も少ない分、それぞれに責任ある仕事が任されています。そのお陰で各々が問題意識や改善点などを考えながら働いています。結果として、仕事中は勿論ですが、移動中や仕事外などでも活発な意見交換がなされる職場です。
また、仕事終わりや月末締め会、達成会、大きな行事として春のBBQや大規模な忘年会など様々な行事があり社員同士の結束が必然的に強くなっているのも特徴の1つです。
そういった仕事外の繋がりの強さや、少人数での上司との近さ、風通しの良さがある雰囲気です。

この仕事のやり甲斐について教えて下さい。

提案した物件が、無事契約に至ったときはやり甲斐を感じます。
契約に至るまでには様々な問題が生じその度に打ち合わせや交渉を重ねていきます。ときには、とても無理なんじゃないかと思う課題も出てきますが、上司や先輩に話を聞いたりしながら解決へと導いていきます。その課題・山が大きければ大きい程、契約へ至る達成感は大きいです。こういった事は提案ベースの仕事で しかできないので楽しいです。
しかし、実は一番嬉しく、やり甲斐を感じる瞬間はお店のオープンにお祝いに行くことです。「いままでそこになかったモノが、自分が携わることで世の中に新しいモノができた!」という気持ちは言葉ではなかなか表現しがたいですが、喜びを感じる瞬間です。

今後、G-FACで実現したい夢は何ですか?

今後、G-FACTORYで実現したい夢は「シャッター商店街の再生」です。
私の出身地大坂では、大小様々な商店街があります。しかし、繁華街エリア以外の商店街は寂れてきている現状があります。この会社で物件や店舗について携わる中で、寂れた商店街を再生できたらいいなと感じるようになりました。いまある会社のスキームだけで商店街をまるごと私のお客様で・・・どうなるのか な・・・足りない部分は何なのか等を考えるとワクワクします。しかし、まだまだ現実味を帯びない話であるのが実情です。まずは、自分のスキルアップをして いこうと考えています。

プライベートの過ごし方、趣味は?

休日は主に読書をしたり、映画を見たりすることが多いです。特に映画に関してはレンタルビデオ5本を2日間見続けたりするのも楽しみのひとつです。様々なジャンルのものを見て、内容はもとよりカット割りやシーンの移り変わり、ささいな言い回しなどに注意して見るのが楽しみです。
趣味は、貯金です!貯めたお金でどこに行こうかと考えるとワクワクします。先日は休みを利用して香港に旅行にいきました。次はタイを狙って目下貯金中です。

どんな学生時代を過ごしましたか?

いろいろな経験をすることに努めました。学生時代にしかできないことをしようと考えていました。
サークル活動にしても漫然と過ごすのではなく重責を担うポジションを求めたり、小学生を相手としたキャンプのボランティア活動を行ったりしました。
また、アルバイトに関しても訪問販売や住宅斡旋など、ちょっと難しそうなことに挑戦するようにしていました。

これから就職活動へ向かうみなさんへメッセージを。

まずは軸を定めることが大事だと思います。どういう風に働きたいのか、誰の為に働きたいのか、自分が求めるものは何なのか、、何でもいいのでまずは一本でも二本でもしっかりとした軸を定めることが大事だと思います。
また、私自身もそうだったのですが、「やりたい事」はやってみないと分からないと思います。いろんなことにまずは挑戦して、その上で方向性を決めていくの も悪くないと考えています。ただ、やってみないと分からないとはいえ、ある程度方向性は考えておかなければまったく自分にそぐわない環境に身をおくことに なり、その結果自分を苦しめることにもなりかねませんので、方向性は決めておいた方がいいと思います。

ご興味をお持ちの方は、まずエントリーください

ページのトップへ