仲間の紹介

自分が先駆者として携われる。

なぜG-FACへの入社を決意しましたか?

もともとは、社員何万人のアパレル会社にいて、それなりに順風満帆に仕事をしていたけれど、24歳の時、自分はブランド力があるから売れているんだろうか?組織が出来上がっているから役に立っているような気になれるのかもしれない?と思うようになり、
ノーブランドで売れるか、自分が役に立つかを試してみたくなったため転職を決意しました。
「成長できる環境・風土」が転職の基準でした。最終的に決め手となったのは、企業理念への共感。
あとは、最終面接で社長に会ったときに感じた“オーラ”に惚れたから(笑)
正直、何をするかは、法律を犯していない限り何でもよかったです。誰とどこでどんな環境で働くかを重視していました。

現在、任されている業務内容について教えてください。

管理部門のマネジメント
予算策定
稟議の審査
様々な債権管理

仕事をしている中で心に残った出来事を教えてください。

私は入社してから3つの部署に所属しました。
最初は業務推進事業部でした。
初めて支援した先がOPENした時のこと・・・嬉しすぎて、毎日のように行きました。
おにぎり屋さんでしたので、社内ではおにぎり娘と呼ばれました・・・笑

コンサルティング事業部では、
高卒の子を教えている時に、「お母さん」と呼ばれたこと・・・。ちょっとショックでした。

管理部では、それぞれのセクションのプロが集まっているので年齢が一番下です!
なんか嬉しいですね、お母さんと呼ばれないので。

自分が先駆者として携われる。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

若いメンバーが多く、何かと飲みに行く機会が多い。
家族ぐるみで会社イベントを行ったりする。

この仕事のやり甲斐について教えてください。

まったく誰もやったことのない事が沢山あるから、自分が先駆者として、携われるところ。
また、それが思い描いたとおり、実現できた時。苦労の分だけ嬉しい。

今後、G-FACで実現したい夢は何ですか?

株式上場!

プライベートの過ごし方、趣味は?

読書。 家の掃除。 友達と飲みに行く。 体メンテナンス(整体)をする。 趣味はお酒。 YOGA。 英会話教室に行く。

どんな学生時代を過ごしましたか?

とにかく、一人暮らししたくて、アルバイトを沢山していました。
バイト終わりに、みんなで飲みに行くのが楽しみでそのためだったかも・・・。と思うくらいです。
寝る時間がもったいないと朝から晩まで仕事や遊びに一生懸命でした。

これから就職活動へ向かうみなさんへメッセージを。

何かしたいことが見つかっていれば、このサイトは見てくれていないと思います。
本当の自分のプライオリティとは何か、良く考えて会社を選んで欲しいと思います。
ゴールは就職することではないです。
就職してから”やらされている”って思っていたらどんな仕事でもつまらないです。
捉え方ひとつ変えるだけで、どんな環境でも楽しめるもんです。

転勤、退職、チームの解散…。
辛く寂しい事ですが。
常に一緒にいる関係は共に成長しているか共に成長していないかそうでなければ必ず別れるときがやって来ると思います。
情や惰性で関係を続けて足を引っ張り合ったり傷をなめ合っていてもお互いに良くありません。
私たちは退店やお金の話をすることも多いので、常に情に流されるな。しかし、情を忘れるな!
と言っています。
別れは悪いものではないかもしれません。
お互いに新しいステージへの旅立ちです!
学生の皆さんもサークルを始めたとき、バイトを始めたときなど多くの出会いと別れを経験し強くなったと思います!
G-FACTORYでは企業理念に賛同出来る仲間を募集しています!

ご興味をお持ちの方は、まずエントリーください

ページのトップへ